集客で儲ける! 「速攻集客法」第6巻  目次

目次

集客の方法-01条.商品を売ってはいけません
集客の方法-02条.体感・体験を売るという事
集客の方法-03条.他人が仕込んだ体感を利用
集客の方法-04条.私のビジネスの場合

集客で儲ける! 「速攻集客法」第6巻  立ち読み

「速攻集客法」 第6巻-1条から少しだけ抜粋したものです。

■商品を売ってはいけません、という集客ノウハウ。


〜略〜に無料本を渡すのです。これがノウハウなのです。 今の時代、商品を売り込んでも、電話など1件も掛かってきません。これからの集客のノウハウは「体感・体験・環境」を提供して見込み客を集めなければいけません。 しかし、お客は出来る事であれば自分で直して、お金は払いたく無いのです。


この見込み客の心理を読めば、必ず集客に拍車がかかります。集客のノウハウの基本です。 あなたが集めるのは、すぐに商品を買ってくれる人ではないのです。見込み客を集客した上で商品を売って下さい。この無料本を依頼してくる見込み客は、いかようにも料理できます。


本を無料進呈する際に、競合する業者の○○○を聞いてしまえば良いのです。お客は「無料で本をくれるのだから、○○○を教えてもいいだろう」と思ってくれます。 競合相手の○○○を知った時点で、苦労する必要もなくなってしまいます。たったこれだけの広告ノウハウが後々驚く程の効果をもたらしてくれます。


無料本を読ませて「これは素人には無理だな」と思わせても良いですし逆に、親身になって直してしまっても良いでしょう。いづれにしろ、このノウハウで、お客はあなたを信頼してしまっています。 必要なたびに、この顧客はあなたを指名してきます。ここで私が何を言いたいのか!お客は○○○なのです。


お客は、あなたの信頼、あなたが提供してくれる体感体験を感じたいのです。商品を売るな!というのはこういう事なのです。儲けに先走る起業家は、このことが分かっていない為失敗するのです。こんな簡単なノウハウも知らないで起業する・・・ 例えば○○○すれば当然お客は○○して・・・・ 「速攻集客法」には驚くようなノウハウが・・・・・

儲かるビジネス、儲けるビジネス。

集客で儲ける! 「速攻集客法」第6巻の集客ノウハウとは?

なぜ、「新聞折込み広告」などという間の抜けた集客をするのですか?「新聞折込み広告」は例えば80歳のおじいさんに、「お肌が綺麗になる香水」という宣伝をする的外れの集客である事実に気が付きませんか?新聞折込み広告などは、誰に渡るか分からないのですよ。ターゲットを絞らない集客など何の意味もありません。あなたは、うようよ居る見込み客の大群に気付かないから儲からないのです。第6巻は、大量の見込み客を一気に獲得する「速攻集客法」の裏ワザを執筆しています。

集客で儲ける! 「速攻集客法」第6巻  集客ノウハウ内容

■効果抜群な会社名の決定方法とは?■会社名の重要性が発揮される秘密のテクニックとは?■たかが電話の設置にも物凄い集客ノウハウが隠れている■大手の広告を真似る愚かな経営者とは?■ガンガン売れる広告チラシの法則とは?■商品を売り込む経営者の心理とは?■商品を宣伝しないという魔法広告の絶大な効果とは?■すぐに商品を買う客を集めるな、という理由とは?■無料冊子で集客した見込み客を信者にしてしまう方法とは?■商品を売るな!〇〇を売れ!■100円ショップにおける物凄い売れる仕掛けとは?■〇〇を利用した驚愕の集客術とは?■自動車が〇〇で売れる、最大の理由とは?■売れない店の典型的セールストークとは?■連日満員御礼の店が一気に衰退した、経営者も分からなかった恐ろしい原因とは?■〇〇を売らない経営者は確実に破綻する■すぐに絶大な効果がでる「他人のふんどし集客」とは?■あなたの周りに凄む集客ネタとは?■折込チラシなど問題にならないほど集客できる会場集客とは?■儲からない起業家の集客方法とは?■あなたの見込み客が怖いくらい山となって集まる〇〇とは?■笑が止まらない〇〇集客とは?■普通の人間には出来ない「速攻集客法」の驚愕集客術とは?■湯水のように湧き出る見込み客を見つける方法とは?■見込み客の余韻につけ込み集客する「速攻集客法」の裏ワザとは?■他人の〇〇を奪い自分の集客に引き込む裏ワザとは?■ビジネスを軌道に乗せる〇〇集客術とは?■インターネットで売れない理由は〇〇なのです。その〇〇とは?■ネットで商売する人の99%は儲からない〇〇しているという法則とは?

儲かるビジネス、儲ける商売にするための集客方法。

儲かる商売、儲けるビジネスにする集客方法とは?

儲かる商売を探すより、儲かる商売にする努力をする。「速攻集客法」について、もっと詳しくみる。

                  

  商売ネタ満載の 独立開業・独立起業・集客研究会のトップページへ