開業資金は、何のために使うのか?

あなたの自己満足の為に開業資金がある訳ではない

開業するための資金はあなたの為に使うものではありません。開業資金を準備し、いざ独立決心し店舗の準備や備品の購入を始める段階になると首をかしげてしまう行動を起こす人がいます。 首をかしげる理由。それはビジネスに関係ない(私はそう思います)事にやたら時間とお金をかけるのです。

理解出来ない開業資金の使い道。たとえば、事務所の椅子です。 私は椅子などは一番安い中古のボロで良いと思っていますが起業家の中には、机や椅子一つ購入するためにやたらと時間とお金をかける方がいるのです。わざわざイタリアの高級椅子などをカタログやショールームで吟味し選ぶのです。しかも1ヶ月かけて。 私は理解出来ませんでした。

開業資金は集客のために使用するのです。そんな時間とお金(開業資金)があるのなら、なぜ集客にお金をかけないのでしょうか?イタリアの高級な椅子など数十万円するのです。そのお金をビジネスに使用せずろくに座りもしない椅子にあてるとは?

自己満足の為に開業資金を使用するな。この人は、起業しただけで何処かの大企業の社長になった気分なのでしょう。机もその人に似合わず立派でした。この方はあっと言う間に消えてしまいました。もちろん開業資金も。当たり前のことですね。

私が見た、ある経営者の開業資金の使い方

開業資金を店舗につぎ込む経営者

開業資金500円が、あっという間に消えた事例。またある起業家は、店舗にこだわってしまいました。商売はハウスクリーニング業なのですが、やたらと店舗にこだわったのです。都内で一等地の場所にあったその事務所は、見かけが素晴らしく誰が見てもしっかりした会社としてお客に写るでしょう!

事業の目的を明確にし、開業資金を使用する。しかし、お客は自分の家のクリーニングを頼むのにわざわざその店舗に出かけて行くでしょうか?出かける訳がありません。せいぜい広告かチラシあるいは電話帖の広告で決めてしまいます。何を思って、時間と開業資金をつぎ込んで高級店舗を見つける必要があったのでしょうか?業種がエステサロンや宝石店なら理解できますが、ハウスクリーニング業で高級店舗が必要と思ってしまったこの社長は、あきらかに勘違いをしています。

開業資金は、お客を集める集客費用として使う。

開業資金はお客のために使うのです

信じられない開業資金の使用方法。信じられないかも知れませんが、世の中にはこのような勘違いをされる方が沢山います。くれぐれも業種にそぐわない準備だけは気を付けて下さい。開業資金がいくらあっても足りません。

開業資金は集客につぎ込むのが鉄則です。商売は見かけでするものではありません。お客が喜んでくれること、お客が助かること、お客が感謝してくれることをするのです。自己満足でビジネスを始めるととんでもない失敗をしてしまいます。見かけなど何の役にも立ちません。ビジネスにはまったく必要の無いものなのです。開業資金は集客に使うのです。

                  

    商売ネタ満載!集客研究会のトップページへ