起業のためのアイデアついて

起業アイデアとモチベーション

開業する資金よりもっと大事なものがあります。はっきり申し上げて、良いアイデアビジネスを考えて起業してみても最初の1ヶ月はしんどいです。 なにしろ、お客は1人も居ませんし、あなたのビジネスは誰も知りません。 起業のアイデアは良くても、広告の反応すらもありません。 見る見る資金は底をついてきます。 あなたは奥さんに「だからサラリーマンやってれば良かったのよ」と毎日のように言われることでしょう。 自分でも「やっぱりサラリーマンが良かった」と思い始めます。多分ですが。 最初の意気込みとは反対に、モチベーションは下がる一方です。

起業してアイデアを考えると上手く行く

起業アイデアが生きてくる

開業資金40万円で、年商8千万円を稼ぐ。しかし、ここがビジネスの面白いところでもあります。 あなたはサラリーマン時代には決して使わなかった「頭(アイデア)」を起業すると使うようになります。 毎日1つ考えたそのアイデアを試すたびにお客が増えてくるようになります。 どんなビジネスでもお客は必ずその「アイデア」に反応します。 それが1人だけでも良いのです。1人増やす事が解かってくると、不思議と次の集客アイデアが浮かんできます。 人間とは現金なもので、商品が売れたり顧客が増えたりすると途端にモチベーションが上がってきます。ビジネスはこれに一喜一憂するわけです。 ビジネスに成功する人はこのモチベーションが常に高い状態を保てています。当たり前ですが、落ち込んで考えたアイデアなど何の効果ありません。 モチベーションが高い時のアイデアは皆すばらしい事が多いのです。

起業の後にもアイデアを考える

アイデアが成功をもたらす

フランチャイズの加盟は開業とは言えない。もし起業したら、アイデアと努力で1ヶ月頑張ってみてください。休んではいけません。 必死になって1ヶ月死に物狂いで頑張ってみて下さい。 驚くような成果があなたにもたらされるでしょう! たった1ヶ月で良いのです。 ビジネスはスピードが大事です。 もたもたしていても、業績は一向に良くなりません。1ヶ月頑張ってみても全然良くならない場合が起きてくる場合があります。 この場合は直ぐに現在のサービスやアイデア、システムを見直してみます。 時には、起業そのものも見直します。商品が売れない、お客が集まらない原因が必ず存在します。 そこにいち早く気づくためにもスピードが肝心なのです。 もたもた毎日を過ごしてしまうと、あっという間に資金が底をついてしまいます。

起業アイデアを生かすのは1か月だけ。

アイデアが生きる最初の1か月

資金を貯めて開業するのが基本です。この差は非常に大きいのです。 1年じっくりかけて見直してみようなどと考えられるのは、軌道に乗っているビジネスです。 開業直後のビジネスなどは1年かける前に消えて無くなってしまいます。 アイデアだけではダメです。たった1ヶ月の努力で良いのです。 1ヶ月努力するのとしないのでは、ビジネスに雲泥の差が出来てしまいます。 起業したら客を待つことは一切やめて下さい。自分から引き連れてくる努力をして下さい。 1ヶ月後、あなたは素晴らしい実績を残すことでしょう! ビジネスが面白くて仕方なくなります。 この繰り返しがあなたに年商数千万円という結果をもたらします。 たった1ヶ月の努力とアイデアで。

                  

   商売ネタ満載の 独立開業・独立起業・集客研究会のトップページへ