起業アイディアのヒント

起業のアイディアを生む方法

起業アイディアのヒントはお客の困っていることから生まれる。この独立・起業・集客研究では、儲かる商売ネタを多数公開しています。(トップページの商売ネタを参照)しかし、あなたがビジネスを始める場合に勘違いしてしまう事があります。 あなたが「売れそうな商品」を勝手に決めてしまうことです。 あなたは「この商品なら売りやすい」、「この商品は良い商品だから売れる」と考えてしまうのではないでしょうか? 常に「あなたが中心」となってビジネスを考えてしまうのです。これでは良い起業のアイディアは浮かんできません。

起業アイディアが生まれない理由

起業アイディアは見込み客の心理を考えて・・

売りやすい商品ではなく、お客の心理を考えた商品を考える。あなたが「売りやすい商品」はお客が望んでいる商品なのでしょうか? あなたが「良い商品だから売れる」と思っているのはあなただけの考えです。 お客サイドから見てみれば、あなたが「売りやすい商品」かもしれませんが お客は「売りに来ないでほしい商品」なのです。 お客は商品をセールスされることを嫌います。なのにあなたは売りやすいから嫌がるお客にセールスをします。売れる訳がありません。

起業アイディアは商品を考えて生み出す。また、あなたが「良い商品だから売れる」と思っても、いけないのです。 あなたが「良い商品」と思っても、お客は「良い商品」とは思ってくれません。「良い商品だから売れる」ではなく「売れるから良い商品」なのです。これらを踏まえて、起業アイディアを考えなければいけません。

起業アイディアの立案方法

お客の為の起業アイディアを考え成功する

消費者が喜ぶ、起業アイディアを考える。「じゃあ、何を売ればいいんだよ!?」  消費者が求めている消費者のための商品や起業アイディアを見つけて下さい。  新聞や雑誌、街の中、市町村が発行する会報や地域新聞などあらゆる媒体に売れる商品やアイディアが転がっています。 これらの情報から便利になる事や人がめんどくさがる事、喜ぶ事、感謝されることなどを探して起業アイディアとすれば良いのです。

起業アイディアは感謝される事から生まれる。

困っている事を起業アイディアとする

日常の困っている事が、起業アイディアを生む。よく「ビジネスを始めたいが何か良い起業アイディアはないですか?」と聞いてくる方がいますが私は上記のことをアドバイスします。良い起業アイディアなど、とっくに誰かが考えて起業してしまっています。 そんな起業アイディアより「人に感謝されること」、「便利になること」を探しましょう。 これが起業アイディアが生まれる事につながります。あなたの周りにも何かで困っている人がいませんか? 感謝されそうなことがありませんか? これが起業アイディアになるのです。 消費者が求めていることは、世の中にごろごろしています。 日常の生活に満足している人はいません。 みな何かで困ったり、悩んだりしています。

起業アイディアは常に考える訓練から

突然に、起業アイディアは生まれません

起業アイディアは常に生み出せるよう訓練しておく。ただし1日だけ考えても「消費者が望んでいること」など浮かんでくるものではありません。 四六時中考えて下さい。あなたの「困った事」が起業アイディアになるかもしれません。 消費者が望んでいる商品とはそういうことではないでしょうか。

                  

   商売ネタ満載!集客研究会のトップページへ