開業するために必要なことついて

20万円で開業!?して年商6千万円!

開業する資金よりもっと大事なものがあります。開業資金は必要ありません。と言ったら嘘になりますが、事業内容によってはほとんど独立開業資金が必要無いビジネスが沢山あります。 私のメールマガジン「年商4千万円儲ける!300の商売事例」の創刊号でも書いたビジネス事例で紹介した、ユニークなビジネスで独立開業した方は、たった20万円の開業資金で始めたそうです。 この社長さんは開業資金たった20万円で年商6千万円もの大金を稼ぐことができたのです。

私が開業した頃の話

40万円独立開業した事実

開業資金40万円で、年商8千万円を稼ぐ。私が独立開業した例ですと、株式会社設立費用20万円。 事務所賃貸契約20万円。の開業資金だけでした。40万円の資金で独立開業したわけです。 給料など、頭の中にはありませんでした。独立起業するということにあこがれていた私にとって起業家になれただけで満足し、儲けの事はニの次だったのです。 今考えると恐ろしくなりますが、独立開業当時の私は怖い物なしの勢いがあったと記憶しています。「とにかくサラリーマンを辞めて独立開業したかった」だけでした。

フランチャイズは開業と言えるのか?

本部だけが得する構造

フランチャイズの加盟は開業とは言えない。フランチャイズ加盟は独立とはいえないのか? フランチャイズに加盟する場合はそれなりの開業資金が必要になってくるでしょう。 もともと、他人が考えたビジネス方法にのっとり働くだけです。その他人の商売道具や看板を背負い独立開業し運営していくわけですから、それなりの独立開業資金をフランチャイズ本部に支払う義務が生じます。 私も過去にあるフランチャイズチェーンに加盟したことがあります。 本業が上手く行っていたこともあり、1800万円ほどの投資を行い加盟したのです。

フランチャイズ開業の結果は?結果は? 大失敗でした。 失敗というよりも、商売そのものが面白くなかったのです。仕事は物販業なのですが、他人が作ったものを、ただ売るだけの商売はあまり私には向いていないようでした。独立開業当初から商品が売れても感動がないのです。 自分が精魂込めて作った商品が売れたのであれば感動があると思いますが他人が作った商品には愛着がありません。感動などあろうはずがありません。

開業してからでは遅い、開業の選択。1800万円もの独立開業資金を投じた割に、その商売にのめり込めないのです。 たった40万円を投じた本業の方がはるかにやりがいがありました。

開業資金が無いから起業できない、はウソ。

独立開業する資金がなければ貯めなさい

資金を貯めて開業するのが基本です。よく「開業資金が無いから起業は無理だな」と言われる方がいます。 私は、「そうだね、無理だね」と返します。 実際は無理ではないのですが、その様に考えてしまう性格だから無理なんですよ、と心の中では思っています。 起業にはある程度の開業資金は必要でしょう。 あなたが独立開業するにあたって200万円の開業資金が必要とします。 あなたの開業資金は100万円しかありません。この場合あなたは起業を諦めてしまうのでしょうか?

事業アイディア次第で、開業する資金を調達できる。私でしたら、残りの100万円を必死にかき集めるでしょう。 例えば10人の人に10万円づつ貸してもらいます。 10万円が無理なら20人から5万円出資してもらいます。 そんな事ができるのは「絶対成功できる事業アイディアを持っているからです」

事業アイディアがなければ開業しても失敗する。開業資金がないから独立起業できない、は、成功できる事業アイディアが無いから独立開業できないに言い換えたほうが良いでしょう。 人は、儲かりそうな事業投資は必ず参加してくれます。

開業の資金はいくらあれば良いのか?

半年生活できるくらいの開業資金は確保する

開業資金は生活費も考慮する。独立開業に掛かる資金以外に、あなたの生活費を6か月分は確保しておきましょう。なぜならば、独立開業当初から生活費に困る開業など上手く行く訳がないからです。独立開業に必要な資金は、事業と生活費双方を確保してください。 あなたの事業アイディアによって50万円で起業出来る場合もありますし、100万円必要な場合も発生してくるでしょう。要は、あなたの起業したい事業内容とアイディアで開業資金は決定されます。 初めから●●万円と解かるのはフランチャイズに加盟して独立起業する場合だけです。 

                  

   商売ネタ満載!集客研究会のトップページへ