独立と起業の研究会

このページは独立開業で成功した商売ビジネス事例を掲載しています。

儲かる独立開業ビジネス 雑務請負ビジネス

雑務請負ビジネスで独立開業

世の中には、実におもしろい独立開業ビジネスを考える人がいます。今回ご紹介する独立開業ビジネスも、あなたは知らないと思います。この方、まだ25社の企業と契約を交わしているだけです。

しかし、1社当たりの契約は5〜30万円/月ですので10万円平均としても250万円前後の月商を得る事が出来るのです。

さて、この独立開業ビジネスとは何でしょうか? 仕入れも在庫も、初期投資を殆ど掛からない独立開業ビジネスとは?

儲かるビジネス、儲けるビジネス。

女性の社会進出により、独身者の人口が増え婚期が高年齢化しています。また、離婚なども年々増加傾向にある状況から自然と生まれたニッチな独立開業ビジネスが存在します。

これも、アメリカでは当たり前に存在する独立開業ビジネスなのですが、日本ではまだ浸透していません。

「すみませ〜ん、午前中は住民票を取りに行くので午後から出社しま〜す!」

「残業つづきで、郵便や宅配物が溜まってしまいました。引取りに行きたいので早退します」

儲かるビジネス、儲けるビジネス。

「子供が熱を出したので、今日は休みます。」
「車庫証明を取るので・・・・・」
「子供がケガをしたので・・・・」
「印鑑証明を・・・・・・・・・」
「駐車違反で・・・・・・・・・」
「町内会の・・・・・・・・・・」

社員数が数百人前後の中小企業が、これらの理由で損失を被る(こうむる)金額は、月間数百万円!にも上るとの統計が出されています。(もの凄い損失です!)

中小企業経営者は、社員の社外雑務によって労働力を奪われることを嫌い好ましく思っていませんが、「仕方の無い事」として、半ばあきらめているのも事実なのです。

早退や休暇を申請する社員も、言いづらいし面倒なのです。上司のご機嫌を伺うのもしんどく嫌なものです。 これが、大儲け出来る独立開業ビジネスになるのです!

儲かるビジネス、儲けるビジネス。

社員の雑務を一手に引き受けて処理してしまう会社が存在します。多忙なビジネスマンには、実にありがたいサービスなのです。 社員は仕事に集中できて、経営者は大助かりです。

通常、このような社員個人の雑用は「便利屋」と呼ばれる業者を個人が探し、個人的に高い料金を支払い、処理しているのが現状です。

個人が雑用に対し、数千円から数万円を支払う余裕など無いのです!だから「便利屋」は儲けることが出来ないのです。

視点を変えて、この雑務を「企業」という第三者を交えてビジネス化した事で巨額な利益を得る事ができてしまいます。儲けるには、このような独立開業アイディアが必要なのです。

企業からすれば、月に数万円の経費など微々たるものです。この微々たる経費で、月間数百万円の損失を抑える事が出来るのですから!

儲かるビジネス、儲けるビジネス。

社員の社外雑用だけでなく、「社内雑用」も行ったらどうなるでしょうか?独立開業 アイディアが続々生まれる予感がします。時間制で契約、あるいは雑務内容で契約しても良いでしょう!

「ふ〜ん。儲かりそうだな。でも出来るかな?」と思ったあなた!日本の企業数って何社あるか知っていますか?120万社もあるんですよ!

例えて言えば、満員の東京ドームの25倍!の人の中から、たった25人 を顧客(集客)にするだけで月商200万円が可能なのです。100社と契約出来れば、年商1億円も可能なのです!

ただしビジネス集客が命なのです。あなたは、企業への優れたセールスを出来ますか?いくら良いアイディアで独立開業しても、集客出来なければ、ただのゴミ です。たった25人の顧客(集客)を得る事も出来ません。集客を勉強してみませんか?

このビジネスで独立開業を始めるにしても、集客ノウハウが必要です。「速攻集客法」はあなたの集客の悩みを一気に解決します。そろそろ、あなたの人生を豊かにしてみませんか?月収300万円など夢ではないのです!

いまが独立・起業のチャンスです!

※文章中に●●で隠されている箇所がある場合は「速攻集客法」 会員ページで確認できます。
会員ページは「速攻集客法」ご購入者のみ閲覧できます。成功を手中にする「速攻集客法」とは?

 

   集客研究会のトップページへ

いかなる理由でも、当ホームページの記事を無断で転載・複製することを許可しません。リンクはご自由にどうぞ!