独立と起業の研究会

大儲けできるフランチャイズ・ビジネス

ごあいさつ


はじめまして!独立開業・独立起業・研究会の徳田勝道(とくだしょうどう)です。この度は、無料冊子「数億儲かる事業計画案」のご請求誠に有難う御座います。私は独立起業して今年で25年目になります。この間に売上げた金額は20億を超えました。


たった1人の会社で、今まで年商6千万円以上をコンスタントに稼いできました。インターネットの普及に伴い、私は新たにこの業界にも起業参入致しました。私はつい最近まで、ホームページも作成出来ず、メルマガ(まぐまぐ)という言葉すら知りませんでした。


参入以来、私のメールマガジンの購読者数は1万名を超えました。(年商4千万稼ぐ!「300の商売事例」2009年7月現在)「速攻集客法」という書籍販売も、5000部を超えました。1本当たり19800円〜26000円ですら、計算してみてください。ほったらかしな商売でもこの金額を稼いでしまったことになります。


この商材は「返品可能」な、情報販売では珍しい販売方法を取っています。しかし、返品される方は1人もいません。それだけ実行し易く、結果を出せるノウハウと思っています。9割を超える方から感謝の声を頂いております。年商4千万稼ぐ! 「300の商売事例」 のバックナンバーも、無料配信後に儲かる商売ネタという形で、ホームページで無料公開しています。


また、メールマガジンのバックナンバーで独立起業・独立開業された方が続出しています。私は「速攻集客法」だけでで5000名の会員を集客する事が出来ています。なぜ、ホームページド素人の私が短期間でこれだけの数字を得られたのでしょうか?私は他の情報起業家と異なり、グループを組んで広告し合い売り込む事をしていません。


情報商材は、この「グループ販売」を行わないと、全く売れないと聞いています。しかし、私の商材はコンスタントに1日に1〜3本は購入して頂いております。何故?こんな事が起きるのでしょうか?くだらないクズネタ情報販売が氾濫し、情報商材販売は下降線をたどっています。しかし、私の商材は売れつづけている。その理由とは何なのでしょうか?その理由や秘訣は簡単なことなのです。

大儲けできるフランチャイズ・ビジネス

私は「独立開業・独立起業して儲けたい」と思っている方に「儲かる商売ネタ」を無料でメール配信しています。この無料メールを読んで独立起業された方もいらっしゃいます。それだけ内容の濃いメルマガを配信しています。購読者の方からは、「何故こんな有益な情報を無料で配信してるのか?」とご質問を頂きますが、これは実に簡単な理由からです。


「とっておきの商売ネタ情報」を得られても、殆どの方は独立開業・独立起業などしないからです。・商売ネタがあっても不安で行動を起こせない。・儲けたいが、不安で独立起業・独立開業できない。・独立開業・独立起業したいが不安で行動に移せない。こんな方が、世の中に沢山いらっしゃいます。では、この「不安」とは一体何なのでしょうか?そうです。独立起業・独立開業しても、お客を集められない事から来るノウハウ不足からくる不安です。


私はそこで、「私の20年間の経営経験・集客経験ノウハウ」を冊子にしました。私が、情報商材販売で独立開業で成功した理由は、このメールマガジンと「速攻集客法」の組合せによるものです。どんな独立起業ビジネスでも、このようなお客が望むアイディアで大儲けすることが出来ます。巷(ちまた)の「○○○で儲かる!驚愕の○○○ノウハウ!」 とかいうクズ情報を購入しても全然駄目なんです。儲かる仕組みを作るには、前述した「お客が望む」アイディアがなければ独立開業して儲ける事なんか出来ないのです!


この仕組みを作成するにあたって、費やした時間は3週間程度です。あとは、ほったらかしで数千万円が転がり込んできます。これからも、サラリーマンの年収をしのぐ収入が期待出来るはずです。「速攻集客法」のノウハウはそれだけ凄いものです。これから独立起業したい、あるいは既存のビジネスで独立開業させたい方は、私のメールマガジンおよび「速攻集客法」をお読みください。きっとヒントがひらめいてきます。そのヒントを「速攻集客法」に基づいて実行してみて下さい。間違い無く、独立開業で成功出来ることと思います。


私の「情報商材販売」も自らのノウハウである「速攻集客法」を利用したにすぎません。これで、数千万円という不労所得が入ってきます。今回は、「無料プレゼント」ということで、メールマガジンほど良い商売ネタではありませんが、これをヒントにいくらでも商売ネタが浮んでくると思います。ぜひ、行動して独立開業・独立起業してみてください。この冊子が、少しでもお役に立てれば幸いでございます。

大儲けできるフランチャイズ 著作権について

著作権について。この「新事業計画案」(以下、本文という)は著作権法で保護されている著作物にあたります。下記の事項をご注意の上本文をお読みください。■本文の著作権はアークソフトウェア株式会社にあります。■本文の一部または全部を複製、流用、翻訳、転載、転売、売却することを禁止します。使用許諾契約書本契約は、本文をお読み頂いた個人・法人(以下ユーザーという)とアークソフトウェア株式会社との間で合意した契約です。本文をユーザーが受取り、お読み頂いた時点でユーザーはこの契約に同意したものとします。禁止事項。本文の情報は著作権法によって保護されています。ユーザーは本文から得た情報を出版、配信、公開することを禁止します。また、本文を第三者に売却、譲渡、公開することを固く禁止します。損害賠償ユーザーが上記に違反した場合、ユーザーはアークソフトウェア株式会社に対し違約金として100万円を支払うものとします。責任の範囲。本文の情報を使用する際の責任はユーザーにあり、この情報により損害が生じた場合、アークソフトウェア株式会社は責任の一切を負いません。上記をお約束できる方のみご覧ください。

な〜んて、難しい事が書かれていますが、要は、あなたが独立開業や独立起業する時の冊子の作り方事業計画書を作成する参考にして頂きたいだけです!これを真似て冊子や事業計画書を作成してください。

大儲けできるフランチャイズ・ビジネス  目次

目次

 1.お礼の言葉            P4

 2.新規事業を紹介するにあたって   P5

 3.新ビジネスの概要         P6

 4.加盟者の募集方法         P7

 5.募集方法の極意1           P8

 6.募集方法の極意2           P9

 7.セミナーでの営業要点       P10

 8.本部の業務            P11

 9.フランチャイズ本部の利益     P12

10.ロイヤリティ収入          P13

11.その他の助言と注意点       P14

12.加盟者募集広告例         P15

13.資料請求用パンフレット      P16〜P21

14.業務の流れ図           P22

15.最後に              P23

お礼の言葉

この度は、本冊子「新事業計画案」をご覧頂きまして誠に有難う御座います。私は20年前、サラリーマンを辞め独立起業し、数々の「1人で儲かる商売」をしてまいりました。私は独立開業する前はただのサラリーマンでした。月給手取り9万円です。スーツもろくに買えずボロボロのすそを引きずっていた記憶があります。


しかも最後には出向社員として会社を追い出されクビを宣告されました。思い出すのも嫌な出来事です。しかし、この出向先で転機が訪れたのです。出向先の社長が私に商売のコツを教えてくれたのです。集客法をマスターすれば俺みたいになれるよ!私の心は独立起業という二文字に揺れました。会社からクビの宣告が都合良く?言い渡されたのを機会に独立開業して商売を始めたのです。


社長が言った集客法を実践的に勉強して初年度の年商は2500万円を超えました。入金がガンガン始まった時は震えました。だって手取り9万円だった男がいきなり月に100万、200万単位で口座に入金されてきたのですから。お陰で創立20年目の現在、売上累計は20億を超えました。たった1人でです。(手の足りない時はアルバイトなどは雇いましたが)


私は成功する色々な新商売のネタやビジネスアイディアを沢山持っています。資金もアイディアも無いが、独立起業・独立開業してみたい方はぜひ購読してみて下さい。低資金でしかも少人数で独立開業出来る商売ネタ満載です。このメルマガでガンガンヒントを公開して行こうかと思っています。たとえば、この冊子に書かれている事業をご覧下さい。事業計画書の前段階のような状況ですが、ある程度骨格は出来上がっています。最初は少人数で独立起業してみましょう。あなたは、この事業をどう思われますか?上手く工夫して事業化すれば、おそらく数十億の大金があなたのもとへ転がり込むでしょう。

フランチャイズ本部という新規事業を紹介するにあたって

今回、ここで紹介する新規ビジネスは「フランチャイズ本部」の運営です。みなさん、「フランチャイズビジネス」はご存知かと思いますが、解からない方もいらっしゃるかと思いますので簡単に説明いたします。みなさんが一番関わりのある「フランチャイズ」にはコンビニエンスストアーがあります。


全国各地に数万店存在するといわれるフランチャイズの経営者をフランチャイジーと呼びます。(以下フランチャイズ加盟店とします)しかし彼達は、完全な独立した経営者ではありません。全国のコンビニフランチャイズを取り仕切る「フランチャイザー」と呼ばれる、たった1つの会社が存在します。(以下、フランチャイズ本部とします)フランチャイズ本部は、フランチャイズ加盟店に対し自社のブランド(セブンイレブン等)の名称の使用を許可しあらゆる商品をフランチャイズ加盟者に仕入れさせます。


フランチャイズ加盟者は、この仕入れた商品を販売して利益を得ています。逆に、フランチャイズ本部はこのフランチャイズ加盟者から「仕入代金」と「販売に準じたフランチャイズロイヤリティ」を受取ります。フランチャイズ本部は、大量の商品を安く仕入れフランチャイズ加盟者に高値で売り、さらにフランチャイズ加盟者が売った商品の利益に対してロイヤリティという名目で報酬を得ています。つまり、フランチャイズ加盟者が商品を売れば売るほど、フランチャイズ本部には商品代金と原価0円の商品代金(ロイヤリティ)が転がり込む訳です。


私はこの儲かる「フランチャイズ本部」の事業に目をつけました。それがこれからご紹介するフランチャイズ本部ビジネスです。このフランチャイズの商売を成り立たせることが出来たら、あなたは数十億のお金を手中に収めることが出来るでしょう!このフランチャイズビジネスですが、一つだけ厄介な箇所にぶち当たります。しかし、クリア出来る方法を私は知っています。携帯電話を複数買って大手金融会社を利用してしまえば良いのです。(意味は後々解かるハズです)では、お読みください。

フランチャイズ・ビジネスの概要

消費者金融業のフランチャイズ本部化計画


あなたは、消費者金融業を開業し事業として運営できますか?おそらく99%の方は出来ないし、手も出さないでしょう。消費者金融特有のイメージの悪さと未知の世界であるため、この業種に参加する人は限られています。この盲点を狙うのです。あなたはこの消費者金融業のフランチャイズ本部を運営するのです。


簡単に言うと、全国から「年利29%」をキャッチフレーズに、フランチャイズ加盟者を募りあなたは、その全てのフランチャイズ加盟者の実権を握るフランチャイズ本部の経営者となるのです。色々なフランチャイズビジネスが存在しますが、現時点でこの消費者金融フランチャイズは誰も運営していません。


フランチャイズ加盟者を募り、あなたはこのフランチャイズ加盟者から ・フランチャイズ加盟金・開業準備金・開業教育金・開業に伴う備品収入・広告宣伝費・ティッシュ・広告印刷収入・ロイヤリティ収入・事務手数料(信用調査料)収入などを用い、利益を得ます。この事業を上手く軌道に乗せればこのフランチャイズ加盟者から、あらゆる方法で莫大な利益を得られることでしょう。

金融フランチャイズ加盟者の募集方法

数千万円ものお金を銀行に預けておくだけの人達が全国には数百万人いるといわれています。この人達に、「ラクラク年利29%稼げる方法」としてセミナー参加者を募ります。「消費者金融のフランチャイズ加盟者募集」と宣伝しないほうが集客率は上がります。あくまでも「年利29%稼げる方法」として募集します。


今の世の中、お金を銀行に預けても年利0.05%がいいところです。「年利29%稼げる」としてフランチャイズ参加者を募れば驚くような参加者が集まるでしょう。このセミナー参加者をフランチャイズの加盟者としてしまうのです。どうやって?10ページの「フランチャイズ加盟者のメリット」をセミナーの専門家を雇って説明させて下さい。


言葉巧みな「セミナー専門のスペシャリスト」の口上は半端ではありません。このセミナーでの説明がこの商売のカギを握ります。絶対、自分で説明をしないでください。あなたと専門家でセミナーの構想を練ってください。あなたは説明に困った専門家の補佐をすれば良いのです。


セミナーは通常5〜6回開催します。月2回で3ヶ月行います。参加者の募集方法は1.FAXダイレクトメール2.セールスレター3.冊子を使用します。ここで問題となるのが、このレターの書き方や、掲載方法です。

金融フランチャイズ 募集方法の極意1

あなたがセミナーの募集をする際、広告やDMを作成するとします。おそらく、自分で考えた募集内容を広告会社や印刷会社に持ち込んで印刷してもらうでしょう。印刷を頼まなくてもパソコンで打ち込んだものを自分で印刷して15ページのような広告を作成することでしょう。


残念ですが、15ページのような広告をした場合、100%集客に失敗します。おそらく、DMを受取った、あるいは広告を見た中で反応する人は居ないでしょう。1万人の人が見ても数人の見込み客があれば良いほうだと思います。なぜか!あなたの頭の中には、常日頃から見ている「売れない広告」のレイアウトが焼きついてしまっているからです。


あなたは新聞広告のチラシを見て「買いたい!」と思ったことが何度ありますか?DMを見て「行ってみたい、買ってみたい」と思いますか?DMなど封も開けずに捨ててしまうのではないでしょうか?世の中には固定観念にとらわれた「売れない広告」が氾濫しています。商売に失敗する人のほとんどは、この顧客を集客する方法が間違っているのです。


私は20年間いろいろな商売をしてきたなかで、常にこの「顧客の反応」を意識して確実な集客をしてきました。新しいビジネスを考えることは簡単なことです。私は300を越す低資本で儲けるビジネスを知っています。また、この商売をすることも簡単なことです。毎日きまった作業をすれば良いのですからアルバイトでも出来ます。では何が難しいのか?答えははっきりしています。今の世の中で、顧客を集めることが非常に難しいのです。

金融フランチャイズ 募集方法の極意2

例えば、あなたが街の家電屋さんだと仮定します。現在、街の家電販売をされているほとんどの方が苦境にあえいでいらっしゃいます。大手量販店の進出により、まったくと言って良いほど物が売れません。必死になって広告をしますが、もともと「売れない広告」なのでお客の反応はゼロです。


あなたはどのようにこの苦境を乗り越えますか?この売れない家電屋さんを、私はたった一言のある助言で年商数億円に変えてしまったのです。その方法とは?広告の内容と売込方法を根本的に変えたのです。その広告を出した途端、電話が殺到しました。他にも理由があるのですが、この「広告の魔術」が大きな理由と言っても過言ではありません。


みなさんの中で今流行っている「情報販売」に興味を持たれている方も多いかと思います。私も昔からこの情報販売をしていますが、年に2000万円ほど売上げています。今までの累計売上は、1億円をクリアしました。この儲けた集客法こそが書籍「恐ろしく集客できる 速攻集客法」でした。この冊子はメールマガジンで売ったのではありません。DMで売っていたのです。


実は私は当初メールマガジンの利用方法を知りませんでした。メールマガジンの存在は知っていたのですが、これを利用して商材を販売することはまったく知らなかったのです。この情報商材は、私の経験に基づいた、確実に集客することに特化した内容です。この商材で集客を行えば、あなたが起業しても失敗はありえないと確信しております。もちろんインターネットビジネスにおいても有効な事は、私の実績で証明済です。独立起業1年目で売上は数千万円に達することでしょう。


私がそうなのですから。現在私が行っているホームページ販売の反応は、すこぶる好調です。それは「速攻集客法」という集客法を実践しているから当然のことでしょう。ここで紹介している、「金融フランチャイズビジネス」に有効なのは言うまでもありません。また、これから私がメルマガで公開するビジネスには無くてはならない方法なのです。

金融フランチャイズ・セミナーでの営業要点

さて「速攻集客法」を利用して集めたセミナーでは下記の事を重点的に説明します。


 1.フランチャイズ加盟オーナーは、金融業の知識が一切なくても、最高、年     29.2パーセントの利率(法定最高金利)で資金運用を可能とする事業を      展開できる事。(当初は15%での利率で行い、序々にアップさせる。)

 2.開業資金は、加盟金、金融業登録費用、のみで、仕入などは一切ない事。

 3.在庫や店舗を構える必要がないので、毎月の経費はほとんどかからない事。(   電話があれば運営可能な事)

 4.加盟オーナーの仕事は、「貸付」と「回収」のみ、それ以外の事務作業はすべ   て本部がサポートする事。

 5.すべての業務を本部扱いにすることも可能な事。(ロイヤリティにより本部請   負の範囲を決定する)

 6.通常の「商品を売る」営業ではなく、「お金を貸す」営業のため、営業未経験   の方でもすぐ利益が見込める事。

 7.基本的に営業は広告類(ティッシュ・チラシ)をポストに投函するだけでOKな事。あ   とはオーナー次第でいくらでもお客が集まる事。

 8.不況に強い業種のため将来の不安が無い事。

 9.不良債権が発生しても本部が弁済するので、貸し付けに対するリスクがまった   く無い事。

10.その貸付先も、本部が信用調査した、客のみに限定するため安心な事。

11.優良オーナーには、本部の豊富な資金を「低利貸付」するので、資金繰りも不   安が無い事。


上記のような「誰にでも簡単に事業展開出来る」事を強調して勧誘して下さい。但しここで一つ重要なセールストークがあります。説明の最後でも途中でも構いません。できれば10分置きが良いでしょう。「いくら儲かるからと言って、ティッシュ配りはして下さいね。このティッシュを勿体無がって、自分で使ってしまう方がいるんですよ。ティッシュ代だって馬鹿にできないんですよ」等のように説明の合間合間に軽い笑いを入れてください。くだらないですが、ほとんどのフランチャイズ本部が利用する、最も効果のあるセミナートークなのです。

金融フランチャイズ本部の業務

フランチャイズ加盟者がある程度集まったら、フランチャイズ本部のシステムを確立しましょう。よくする失敗は、フランチャイズ加盟者が集まらないのに、お金をかけてフランチャイズ本部のシステムを作ってしまう人がいます。集まらなかったら大損です。フランチャイズ本部のシステムは少々資金が必要となります。充分検討した上で、安く効率のよい方法を模索します。フランチャイズ本部の作業は、以下のような業務が発生すると考えてよいでしょう。


 1.加盟オーナーに対する、金融業務に関する、一切の業務補佐と指導。
 2.オーナーが貸出す貸付金をが不良債権となった場合(債務者が自己破産した場   合)はその金額(貸付分のみ。利子は含まない)を本部が全額負担しオーナー   に返済する。
 3.借受人の信用調査代行。(本部の承認がなければ貸出せないこととする)
 4.広告宣伝の代行と監視。(本部での一括広告掲載により、広告宣伝費の経費を   軽減可能とする。)(広告はすべて本部の承認を得た「本部が作成」した物の   み使用可能とし利益を得る。)
 5.貸出契約書、貸出明細書、金利計算書、請求書などの一切の書類作成を代行。
 6.トラブル時における訴訟代行。(本部が必要と認めた場合のみ行う。)
 7.優良オーナーは、本部より貸付金を借り入れる制度を利用できる。
 8.インターネットでの管理を基本とし信用調査や上記5番の書類を発行させる。
   (パソコン未経験者にはパソコンとソフトは本部指定の製品を本部より、本部   利益となる程度の金額で購入してもらう)
 9.決算業務代行


「難しいな〜」と思った方。大丈夫です。貸し金業なんて誰でも出来る簡単なものです。言葉にすると難しくなりますが、要はお客に貸したお金を利子を付けて返してもらうだけです。顧客管理や利息計算、各種帳票印刷などのシステムは、ちまたに5万円くらいで売っています。何も難しいことはありません。加盟者が集まり次第、優秀な金融経験者を1人雇えば何も心配することはありません。金融経験者なんて、この世の中にあふれる程存在しています。

フランチャイズ本部の利益

さてこの商売、フランチャイズ本部には一体いくら位の利益が見込めるのでしょうか?以下に大体の目安をあげてみました。フランチャイズ加盟者の人数は少なく見積もってあります。



この商売、たった350人のフランチャイズ加盟者を集めるだけで、フランチャイズ加盟時に6億円、毎月千4百万円もの売上げが見込めます。(ロイヤリティ売上は含めていないのですよ!笑)商品先物取引に毎年数十万人の人が手を出し失敗している中、この商売は安全確実です。なにしろ暗に元本保証しているのですから、必ずフランチャイズ加盟者は数千人規模になるでしょう。(元本保証を広告に述べてはいけません。出資法違反となります)

金融フランチャイズ ロイヤリティ収入

フランチャイズ本部を運営する最大のうまみは、この「ロイヤリティ収入」があります。フランチャイズ加盟者の利益に応じて、フランチャイズ加盟者から一定の金額を徴収してしまう方法です。ほとんどのフランチャイズはこの方法をとっています。ここで紹介しているビジネスにも、当てはめる事が可能です。



例えば、フランチャイズ加盟者が3500万円を常に貸付けをしているとします。年の利益(利息)は980万円にもなります。(年利29%の場合)この人を上記の表に当てはめてみますと、4000万未満に当てはまりますのでロイヤリティは13.6%になります。つまり、980万円の13.6%=約130万円をロイヤリティとして、あなたが徴収できるのです。たった1人から130万円です。


130万円 × 350(加盟者) =  4億5千5百万円/(年のロイヤリティ)こんな美味しい商売はありません。フランチャイズの醍醐味を味わえるでしょう。この表の数値は例です。あなたが好きなように設定できます。但し、あまり欲張りすぎるとフランチャイズ加盟者の商売が成り立たなくなってしまいますので運営している間にロイヤリティは調整しましょう。契約書にこのことを定義しておけば問題ありません。

金融フランチャイズ その他の助言と注意点

いままでの説明で、大体の骨格はつかめたと思います。あとは、あなたのアイディア次第でどんどん夢を膨らませてください。ここまで読んで、「消費者金融の免許ってどうやってとるの?」と思う人がいると思います。消費者金融の免許は誰にでも簡単に取得できます。費用は4万円もあれば十分です。一度取得してみて下さい。このフランチャイズビジネスを行う上で必要になってきますので絶対役に立つと思います。


このノウハウを使い、バイトを雇ってフランチャイズ加盟者全員から登録代行料8万円を頂き、バイトが免許の書類作成をするのです。前出の例で申し上げれば、350人のフランチャイズ加盟者からこの8万円を徴収可能です。経費を差し引いた千4百万円はすべてあなたの利益となります。笑いがとまりません。


さらに、このノウハウを「フランチャイズの情報商材」として販売してみてはいかがでしょうか?。1本2万円としても、2本でもとが取れてしまいます。300本売ったら・・・・。その他の注意事項を挙げます。・基本的に地域(ブロック)ごとの募集を行う。ブロック制にするとフランチャイズ加盟者の加盟したい競争意識が高まります。地域限定何名などとすると、争って加盟する状況も考えられます。


成績のよいフランチャイズオーナーは順を追って上層部に格上げされることをうたう。営業成績によってフランチャイズ加盟者のランク付けを行うと良いでしょう。これはフランチャイズビジネスでは常識な手法となっています。フランチャイズ加盟者のやる気も出ますし、結果、売上げが自然と上昇します。フランチャイズオーナーが、別のフランチャイズ加盟者を紹介した場合は、相応の奨励金を支払う。これもよくある手法です。フランチャイズ加盟者を増やす最も効率の良い方法です。必ず行って下さい。まだまだ、書きたいことは沢山ありますが無料プレゼントの都合上この辺でやめておきます。

金融フランチャイズ加盟者募集広告例

下記はフランチャイズ加盟者募集時の広告例です。但しこの広告、決定的な大きな間違いをしています。「速攻集客法」を読めばすぐに解かるのですが、いったいどこが悪いのかわかりますか?研究してみてください。


この広告をそのまま掲載しても、反応は皆無でしょう。なぜなら「「速攻集客法」の集客方法に従って作成していないからです。

金融フランチャイズ資料請求用パンフレット

P24まで、「広告を見てパンフレットを請求された人に送付する資料」を添付します。この資料もやはり、決定的な間違いを犯しています。「速攻集客法」を読めば、このパンフレットの集客率を10倍にすることが可能です。ここでテストです。いままでこの冊子を読まれたことを念頭に、あなた自身のパンフを作成してください。作成後、このサンプルと比較してみてください。このサンプルの点数は100点満点中、50点です。いかかでしょうか?このサンプルより上手く作成できましたか?


          投資型ビジネスのご案内金融

     

           金融フライチャイズ本部

金融フランチャイズ資料請求用パンフレット

ご挨拶


拝啓 皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。


さて、先般金融フランチャイズ本部におきまして発表いたしました「第一次金融フランチャイズ加盟者募集」はお陰様をもちまして大反響をいただき予定加盟者数を達成させていただきました。しかしながらこの度、お客様からのご要望により、ぜひもう一度加盟募集をとのご意見をいただき改めて「第二次金融フランチャイズ加盟募集」を開催する運びとなりましたので、ここにご案内申し上げます。


消費者金融業のフランチャイズ化は全国ではじめての事例であり他に類を見ないローリスクハイリターンの事業であると大好評を得ております。今後開始されるペイオフによって貯蓄の保証が無くなる不安は深刻な問題をかかえ序々に現実のものとなりつつあります。株式投資にしてもいっこうに先の見えない経済情勢のなかで運用し高配当を得ることは非常に困難となっております。


今回ご案内させていただきます「金融フランチャイズ」はこのようなリスクを排除しハイリターンを期待できる画期的な事業であると自負いたしております。今回の加盟募集は空きエリアのみの募集のため、数に限りがございます。加盟オーナーさまの利益を確保するためにやむを得ない考えでございますのでご了承いただいた上でお早めのご応募をお待ちいたしております。 


つきましては、右記の通り「金融フランチャイズ加盟説明会」を開催いたすことになりましたので、この機会にぜひともご検討くださいますようお願い申し上げます。なお、案内資料を同封いたしましたのでご高覧のほど宜しくお願い申し上げます。敬具


金融フランチャイズ本部

金融フランチャイズ資料請求用パンフレット

金融フランチャイズ加盟募集


説明会

6月8日(土)・9日(日)・15日(土)・16日(日)

完全予約制  ごゆっくりご理解いただけるよう完全予約制とさせていただきます

<説明会会場のご案内図>

金融フランチャイズ本部

お問い合わせは ■JR東京駅徒歩1分(八重洲南口)

0120-662-177 開催時間/10:00〜18:00 //http www.kinyu.ne.jp/

金融フランチャイズ資料請求用パンフレット

夢の年利29.2%をめざして!


リスクゼロの消費者金融フランチャイズで高収入事業を!

消費者金融業をフランチャイズ化。 ほとんどの金融業務は本部が代行いたします!


●フランチャイズ加盟オーナー様は、金融業の知識が一切なくても、安心して高利率の資金運用を可能とする金融業フランチャイズを展開できます。●フランチャイズ開業資金は、フランチャイズ加盟金とその他の諸経費のみで、仕入などは一切ありません。●在庫や店舗を構える必要がないため月々の経費はほとんど必要ありません。●フランチャイズ加盟オーナー様の仕事は簡単な事務処理のみ、それ以外の金融業務はすべてフランチャイズ本部がサポートします●通常の「商品を売る」営業ではなく、「お金を貸す」営業のため、営業未経験の方でもすぐ利益が見込めます●基本的に営業は広告類 (ティッシュ・チラシ) を配布するだけの簡単作業のためフランチャイズオーナー様次第でいくらでもお客が集まります。●不況に強い業種のため将来の不安がありません。●不良債権が発生しても本部が弁済いたしますので、貸付けに対するリスクがまったくありません。●フランチャイズオーナー様には、本部の豊富な資金を「低利貸付」いたしますので資金繰りも不安がありません。


開業資金および損益計算モデル


※1 一律一定料金となります。ただし30回/月を越えた分は利用回数により加算されます。※2 チラシ2000枚/月のご注文の場合です。フランチャイズオーナー様のご都合でご注文不要にもできます。ただし本部の承諾なく個人的に印刷することは出来ません。(全国の金融フランチャイズ店の統一性と貸金業法違反防止のため)※3 ロイヤリティは月毎の利益と貸付残高で異なってきます。例えば、ある月の利益が0円だとするとその月のロイヤリティは0円となり支払う必要はありません。

金融フランチャイズ資料請求用パンフレット

よくあるご質問にお答えいたします。


Q1. 金融業についてはまったくの未経験で知識もほとんどありませんが?
ご安心下さい。 基本的に金融業務のほとんどを、フランチャイズ本部が代行いたしますので知識や経験は必要ありません。また加盟後には、研修制度が設けられておりますので初心者の方も無理なく事業参加が可能です。 


Q2 金融業というと、どうも怖い印象がありますが?
一部の金融業者には、法に触れる貸付を行う業者がみられますが、この業者のために金融業全体がイメージダウンしていることは事実です。 しかし大手の消費者金融業者の印象はどうでしょうか? テレビや雑誌などで頻繁にイメージアップ化に取り組んで成功しています。当フランチャイズ本部の考えもまさにこれと同じです。


Q3. 出資したお金は、ほんとうに戻ってくるのでしょうか?
まず勘違いをしていただきたくないことは、フランチャイズ本部に出資するのではありません。あくまでも「フランチャイズ加盟されたフランチャイズオーナー様が個人であるお客様にお金を貸付ける」ということです。ですから、貸出したお金の所有権利者といえばフランチャイズオーナー様ですし、決して株式などのようにリスクを負った「出資や投資」ではありません。ただし、金融業ではかならず貸倒れが発生いたします。この割合は全貸付金額の2%前後で回収不能となります。


Q4. では、この貸倒金はオーナーが負担しなければならないのでしょうか?いいえ。 万が一貸し倒れが発生した場合は全額本部が責任を持って弁済いたします。このため、フランチャイズオーナーさまは貸付金の心配をなさる必要は一切ございません。これは、フランチャイズオーナー様に営業活動に専念していただきたい本部の方針とお考えください。この貸倒金の支払はフランチャイズオーナー様よりお支払いただくロイヤリティの一部からまかなわれます。


Q5. 毎月の経費はどの程度必要でしょうか?
フランチャイズオーナー様にもよりますが、基本的には信用調査料が1回¥500かかります。あとは、電話料金などの通信費が若干かかります。店舗などは一切不要です。今お住まいの住居で十分事業活動が行えます。


Q6. いまのような、不況時に事業をはじめるのは不安なのですが?
不況だからこそ、このフランチャイズ事業が生かされるのです。この経済情勢の中お金を借りたい人は無限にいると考えても過言ではありません。 営業経験のない方でも意欲があれば簡単にお客を獲得できることでしょう。


Q7. 自己資金が200万円しかありません。事業参加は無理でしょうか?
いいえ。 自己資金は150万円でフランチャイズの事業参加は可能です。フランチャイズ本部の豊富な資金を低利融資いたしますので貸付金の必要はありません。 ただし、自己資金があるフランチャイズオーナー様と比べて、フランチャイズ本部に利息を払わなければならないため、手取収入はさがります。


Q8. 金融業務のすべてを本部に依頼して、自分は入金管理だけ行いたいが?
基本的に、営業活動はフランチャイズオーナー様に行っていただきます。しかしながら、フランチャイズオーナー様の中にはお年を召した方、別事業をお持ちの方、会社勤めのかたなど資金運用したいが忙しくて事業参加できない方が多数いらっしゃいます。このような場合、フランチャイズ本部に金融業の一切をまかせるシステムがありますのでご利用ください。


金融フランチャイズ資料請求用パンフレット

閑静な住宅街の公園の間をゆっくりと 心地よい風がすり抜けてゆきます。ここは東京都の中でも特に高級住宅地として知られる世田谷区成城です。 そんな静かな環境の中に消費者金融業を独立開業・独立起業されたむフランチャイズオーナー、斎藤さまご夫婦は住んでいらっしゃいます。斎藤さまご夫婦が金融フランチャイズ オーナー募集を知ったのは昨年の夏も 終わろうかという9月の中ごろです。


前職は中堅のメーカーの技術畑でさまざまな商品開発に携わってきた職人でしたがそんな斎藤さまにも当然のように定年が目前に迫ってまいりました。定 年後はのんびり年金ぐらしでもと考えていた斎藤さまですが、いざ退職してみるとその生活たるやまるで隠居暮らしそのもので、なんの刺激も無いまま一日があっという間に過ぎ去ってしまいます。会社勤めのころとは180度生活が 変わってしまったので 当然と言えば当然ですが、あまりにも変化のないくらしに突然眠っていたバイタリティが頭に 黄泉がえってきたそうです。


「そうだ。私はまだ若い。60歳前半でこのような生活をしてい て、いったい何の意味があるのだろう 。このまま年老いてゆくのはあまりにも人生を粗末にしてはいまいか?」 こんな、なんとも言い知れぬ感情が斎藤さまにおそいかかってきました。その時ふと思ったのが 「独立開業・。独立起業」 という二文字でした。「毎日を充実した思いで過ごすために 自分で独立開業してみたい。」 そう考えた斎藤さまでしたが、 いざ独立起業・独立開業となるとどれもこれも畑違いの職種ばかりで一向 に話は前に進みませんでした。ラーメン 屋、コンビニエンスストアー、学習塾、ビ デオレンタル、クリーニング業など、どれ もこれも巨額の投資が必要なものや、技 術が必要なものばかりで、定年退職した 人間が独立開業出来るものではないのです。


なかでも斎藤さまを不安にさせたもの、 それ は「数千万円の投資に対して一切の保 証がない」ことでした。このことは人生の やり直しのきかない初老の夫婦にとって は致命的だったのです。苦労して手にい れた退職金をたった一回の賭け事に投 資することは あまりにも無謀な行動と考 えました。  そんな時です。まったく興味も持たない まま、たくさんのフランチャイズ募集広告の 中に埋もれていた「金融業フランチャイズ」の文面が目に止りました。「金融業などは ある特定の業界の人間が独自のノウハウ で商売している、一般の人間にはまったく 手のだせない業種。」 と思っていた斎藤 さまは、いままで読みもせず無視していま した。 


特に期待もせず暇にまかせて読 んでいると突然 「これは自分の方向性と ぴったりではないか!」と感じられたそう です。この独立開業は斎藤さまの考えている とおりの仕事でした。第一に他のフランチ ャイズのように、 店舗や商品仕入に莫大 なお金を投資しなくてよいこと。 第二に、 基本的な金融業務はすべてフランチャイズ本部に任せ られること。第三に毎月の経費がほとんど 掛からないこと、 などがあげられました。 なかでも興味を惹かれたことは貸倒れが 発生しても、フランチャイズ 本部が全額弁済してくれる ことです。 このことは斎藤さまの心をゆさ ぶりました。他のフランチャイズ事業では 考えられないことだったからです。


斎藤 さまが主に行う毎日の作業は、顧客への ティッシュやチラシ配布だけで済むので 特別な技術は まったく必要ありません。 序々に仕事を覚えて行き独立開業・独立起業することも 可能ですし、 逆にすべての業務をフランチャイズ本部 に任せてしまうことも 可能なので仕事に 関して不安はありませんでした。 ただし慎重な斎藤さまでしたので不安がまった く無いとはいえません。以前こんな会話が 斎藤さまとフランチャイズ本部との間で交わされたのは 今となってはよい思い出となっています。


斎藤さま 「一つだけ心配なことがあるの ですが伺ってよろしいでしょうか?」

本部   「突然どうされました?」

斎藤さま 「実は家内がどうしても不安だ から、本部に確認してこいと言うものです       から・・・」

本部   「なんでしょう?なんでもお答え いたしますよ。」

斎藤さま  「大変聞きにくいのですが、も し私が多額のお金を貸付けたまま本部自       体が倒産してしまったらどうなってしまうの でしょうか?やはりすべて      パーになっちゃ いますよね?」

本部    「確かに他のフランチャイズでした ら本部が倒産した時点ですべてを失      うで しょう。ノウハウはすべて本部が把握して いますので個人で継続は出来ないと思 います。在庫品や店舗撤去料など出資 したお金は すべて消えて無くなります。 しかし少し考えてみてください。金融業 フランチャイズは、各フランチャイズオーナー様に必ず免許を取得していただきます。お金の債権者 はあくまでもフランチャイズオーナーであり本部ではあり ません。フランチャイズオーナー自身が債務者に請求 できる権利をもっているのです。多額とは いっても一人当りの貸付金は せいぜい 一人30万円程度でリスク配分も考慮にい れた貸付け方法をとっています。 さらに 法律に基づいた正式な借用書や契約書 もフランチャイズオーナーさまがお持ちになっています。 つまり最終的には貸出したお金の全額 はフランチャイズオーナーさまへ利子が付いて返金され るわけです。確かに貸倒れなどが発生す ることは避けられません。しかしながらそ の割合は貸付け金の2〜3%程度です。 そんな損失は十分利子でまかなうことは 出来ると思いますよ。」

斎藤さま「そうですね。よく理解できまし た。なにぶん私は細かい性格なので。」

本部  「そうでないとこの業種はむいて いませんよ」 本部 斎藤さま (笑い)


こんなやりとりが交わされたのちに斎藤 さまは フランチャイズ本部とのフランチャイズ契約を結締 されました。当初は僅かながら苦労もされ ましたが、現在は貸付け残高3500万円 を保持する 優秀なフランチャイズオーナーとなって日々有意義な生活を送っていら っしゃいます。「このフランチャイズビジネスは他のフラン チャイズのように大成功すれば報酬も多 くもらえるものと違い 地道な商売ですが 反面、リスクがほとんどなく安心して資金 を運用できます。 株式投資や外貨預金 なども考えましたが、それこそ数%の利息 のわりに、高いリスクを負わねばならず私 には危険な賭けでした。


今では家内と助 け合いながら人生を楽しんでいます。時 には喧嘩もしますが、これは以前会社勤 では味わえなかった経験で よい刺激に なっております。会社に使われていた頃 とはやりがいが違ってきます。今後も少しづつ貸付金額を増やしていきたいと思っ ております。無理はしませんよ。」 (笑い) 斎藤さま談           ■  私たち金融フランチャイズ本部はフランチャイズオー ナーさまの資金を安定した顧客にお貸し して利益を得ていただけるよう ビジネス 展開しています。当本部は金融業という 暗いイメージを一掃し明るいコンビニ感覚 な気軽なサービスを与えられる業種にな るよう日々努力をつづけております。フランチャイズ オーナーさまを募集しております。


●この文章は、私が以前集客セミナーを開催するに当たって作成したものを  金融フランチャイズビジネスに当てはめて脚色したものです。  フィクションであり実在する体験談ではありません。

資料請求用パンフレット

最後に

最後までお読みいただき有難う御座います。私は今まで独立開業して数々の色々な商売をしてきました。その中で、この集客の難しさをいやと言うほど味わってきました。商売をこなす事はどなたにも出来ます。しかし、商売をする上で、どうしても必要なのが、お客なのです。


当たり前のことですが、この「お客を集めること」がほとんどの人には出来ません。なぜならば、間違った広告、間違った営業をしているからに他なりません。私はたった1ヶ月で200人の顧客を集めることが出来ます。長年商売にしているから自然と身についてしまったのかもしれません。私はこれから、メルマガで沢山の儲かる商売を紹介しようと思います。その中で「速攻集客法」を読んでもらいたいと思っています。


現在までに5000名を超える方が購入しています。「速攻集客法」を用いれば1億円の売上げなど簡単なことなのです。みなさんも、色々な商売を考えていらっしゃるかと思いますが、何の商売をするにしても肝心なのは集客です。ぜひ参考になさってください。過去に配信した「儲かりすぎる商売ネタ」のバックナンバーはホームページからご覧頂けます。


ここに書かれている金融フランチャイズビジネスは、考え様によっては実際の業務をしなくてもフランチャイズ加盟金だけ受取って儲ける事が出来てしまいます。私はこのような行為は絶対許されない行為だと思います。私は何に対してもウソは大嫌いです。不都合なケースが出てきても必ず解決できる商売ですので、この商売を始めたい方は頑張って独立開業・独立起業してみて下さい。1年後、あなたは独立開業により巨万の富を得ているかもしれません。

独立と起業の研究会で月収300万円!

ビジネス・アイディアだけでは儲けられない。

集客を10倍にする「速攻集客法」とは?

   集客研究会のトップページへ